現実の中のSF

オレンジだけが果物じゃない,ジャネット・ウィンターソン,国書刊行会

図書館へ行く。

灯台守の話」で虜になっているジャネット・ウィンターソンの本を手に取る。

 

(「灯台守の話」を読み終わってしまうのが悲しすぎて、終わる前に次に手を出してみた)

 

選んで、開いて、読む。

オレンジだけが果物じゃない,ジャネット・ウィンターソン,国書刊行会

本当に大切なのは何かを創ることであって、評価は付け足しにすぎない。

創造物は、いったん創られてしまえば創造主の手を離れ、誰の手を借りずとも、全きものとして存在しつづける。

-「オレンジだけが果物じゃない」ジャネット・ウィンターソン

 

なんでこのタイミングで!!

数万冊もある図書館でどうしてこの本、この言葉を手に取るんだろう。

 

選んで、開かなければ出会わなかった言葉。

 

やっぱり本を読むことは、少し不思議。