もう身体

iMac

キーボードが壊れた時、思っていた以上に「何もできなく」なってすぐに買いに走った。

マウスが動かなくなって、適当なマウスに変えたら手が動かないみたいに「何もできなく」なってすぐに純正のマウスを買いに走った。

 

シャーペンもいつも使っているちょっと細身のが良いし、

マグカップも作業に集中するときはこれと決めているものがある。

 

喋ることよりも書いて伝えることの方が多い私にはキーボードは本物の声よりも私の口の役目をしている。

 

大体ずっとここにいて、何か見たり、作ったりしているから、この景色はもう私の身体の写真みたいなものだな、と思った。